ガンプラ道具紹介2

モデラーズナイフ

ニッパーでランナーからパーツを切り出すときにはパーツから少し余裕をもってランナーを切り離します。ぎりぎりのところで切り離してしまうと、切り口がえぐれてしまい、パテなどを使って修正しないと元に戻らなくなってしまう大きな傷を負ってしまうからです。この切り取ったパーツの残ったゲート部分を綺麗に切り取るために使うのがモデラーズナイフです。

 

形状は丸いペンの先にカッターの刃が付いていて、切れ味もよく胴部分がペンのようにまるいため、扱いやすく細かい作業が出来ます。カッターナイフでも良いのですが、作業の細かさと効率を考えるとモデラーズナイフを使うべきでしょう。使ってみると解りますがカッターナイフよりも切れ味がよく抜群の作業のしやすさにビックリすると思います。モデラーズナイフを少し小さくしたデザインナイフという種類のナイフもあるのですが、こちらでもかまいません。

耐水性の紙ヤスリ

ガンプラを綺麗に仕上げるためには必須となるのが紙ヤスリです。紙ヤスリには様々な荒さのものがあり、粗ければ粗いほど良く削れますが表面はボロボロになってしまいます。なので通常粗いヤスリから細かいヤスリに徐々に変えていくことによって表面を削りつつも最後は綺麗な仕上がりにしていくという方法がとられます。ガンプラの場合でもこの基本は変わりませんが、木材とちがってガンプラはプラスチック、さらにそんなに強い素材を使っているわけではないので、初めからそんなに粗いヤスリは使いません。紙ヤスリには番号が付けられており、番号が少ないほど粗く、多くほど細かくなっていきます。

 

プラモデル用の紙ヤスリとしてタミヤからフィニッシングペーパーセットという400番、600番、1000番のヤスリがセットになった商品が出ていますが、1000番でもガンプラの仕上げには粗すぎるため1200番や1500番などの細かいヤスリを別で用意することをオススメします。また、紙ヤスリはホームセンターで売っているものと全く変わりがなく、安く大きいものが購入できますのでこちらの方で購入するのをお勧めします。基本的に水を付けながらの作業になるので耐水性のものを選びましょう。水を付けながら作業する理由は、削りかすが飛び散らない用にするためと、目詰まりを防ぐ効果があるからです。

 

基本的な紙ヤスリの使い方としては、合わせ目を消す場合は400番ぐらいから、ゲートの処理には600番ぐらいのヤスリからかけ始め進行を見つつどんどん番号を大きくしていき最終的に、1000番から1200番ぐらいまでに上げて表面を綺麗に仕上げていきます。細かい溝などの部分はヤスリを折り曲げて慎重に削っていき、かけすぎでエッジを丸くしてしまわないためには紙ヤスリを消しゴムや、カードのなどの堅いものに巻き付けて作業をすると良いでしょう。専用のヤスリほう台も発売されていますがプラスチックのカードで十分代用が効くので特に買う必要はないと思います。